« アクセス解析 | トップページ | 読後雑感「最後の宝貝―封仙娘娘追宝録・奮闘編〈5〉」/ろくごまるに »

香乱記〈中巻〉/宮城谷 昌光

 田横を主人公とした小説の第二巻です。
 この巻の前半では、田氏兄弟の挙兵・斉王への登極、陳王朝の瓦解が描かれています。田横は、地位は将軍として遇されていますが、実質この時期から宰相同然の働きをしています。
 後半は田横が、魏の周市将軍に諮られて単身魏王の寝所に忍び込み、囚われの身になるが逆に魏のために起ちます。魏王(魏咎)が民の助命を申し出て自殺するのは田儋が死後を付託する場面と並んで、名場面だと思います。後は、項羽と劉邦を中心とした各勢力の話へと移っていきます。
 最後のエピソードは、馬鹿の話でしたので二世皇帝がもうすぐ趙高に殺されるはずです。次巻はこのペースだと、随分圧縮して書かれたのではないかと心配です。宮城谷昌光氏の小説はそういう傾向が多々有りますので・・・・。

宮城谷 昌光 / 毎日新聞社(2004/02)
Amazonランキング:57,831位
Amazonおすすめ度:

|

« アクセス解析 | トップページ | 読後雑感「最後の宝貝―封仙娘娘追宝録・奮闘編〈5〉」/ろくごまるに »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136150/9000090

この記事へのトラックバック一覧です: 香乱記〈中巻〉/宮城谷 昌光:

« アクセス解析 | トップページ | 読後雑感「最後の宝貝―封仙娘娘追宝録・奮闘編〈5〉」/ろくごまるに »