« 更新停滞 | トップページ | 読後雑感「護くんに女神の祝福を!〈2〉/岩田 洋季/メディアワークス」 »

読後雑感「三国志〈第4巻〉/宮城谷 昌光/文藝春秋」

■内容紹介■
 曹操は黄巾軍を下し、エン州の統治を進める。一方、董卓は寵臣・呂布に殺され、都内は歓声に溢れた。袁術、陶謙……曹操の戦いは続く。
 「『三国志』の続きは、いつ頃刊行されるのでしょうか……」この二年間で何度お問い合わせを受けたでしょうか。続巻がいよいよ刊行です。曹操は黄巾(こうきん)軍と戦いを開始。曹操軍に三十万もの黄巾兵が投降し、【えん】州は曹操の統治が進む。一方、都では司徒王允(おういん)が董卓(とうたく)暗殺を画策、実行者として董卓の寵臣・呂布(りよふ)に目をつける。董卓が殺されると、都内は歓声に満ち溢れた……。「正史」としての『三国志』を再現する前人未踏のドラマは大きな山場に向かいます。どうかお楽しみに!

 宮城谷版「三國志(第4巻)」が読了しましたので、感想を。この巻は、孫堅の戦死から始まります。
 この巻での史実的な山場は董卓の暗殺でしょうけど、自分的には曹操が青州兵を得るところです。自分は、「宗教を認める代わりに降伏する」という経緯で青州兵が生まれたとしか、覚えていませんでした。ですので、青州兵を戦術的にどう対処したかを書いてあるので目新たしかったです。また曹仁への教育場面は、小説「楽毅」で楽毅が楽乗を教導する場面を思い出しました。
 巻末では献帝の洛陽への逃避行を描いていますが、一気に逃げるのではなく、じりじりと郭汜ら一行から離れていたとは知りませんでした。

 三國志は最初から宮城谷版を読みたかったですね。吉川栄治や陳舜臣版でなくね。

|

« 更新停滞 | トップページ | 読後雑感「護くんに女神の祝福を!〈2〉/岩田 洋季/メディアワークス」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136150/13437806

この記事へのトラックバック一覧です: 読後雑感「三国志〈第4巻〉/宮城谷 昌光/文藝春秋」:

» 『三国志』 第4巻 宮城谷昌光 [猛読醉書]
第3巻から2年ぶりの続巻。第4巻では孫堅と劉表の戦い、王允と呂布による董卓暗殺、曹操による陶謙討伐、馬騰と韓遂に征西将軍・鎮西将軍授与などを描いています。宮城谷三国志は歴史書『後漢書』『三国志』を忠実になぞっていますので、時系列がしっかりしています。こ...... [続きを読む]

受信: 2007年1月11日 (木) 12時43分

» 三国志の呉国にみる鼎立時代の国家方針の是非 前編 [平太郎独白録]
親愛なるアッティクスへ 最近、ゲームなどでの普及を通して、改めて認知された観がある「三国志」ですが、その中に、「呉」という国が出てくるのですが、ご存じでしょうか? (↑かつて、呉国の強者共が水軍を自在に操った地です。まさしく、「つわものどもが夢の址」でしょうか・・・。) 物語の主役で実力ナンバー3にあたる劉備、諸葛孔明らの蜀国と、悪役でありながら実力ナンバー1である曹操、司馬仲達らの魏国の間�... [続きを読む]

受信: 2007年1月11日 (木) 13時27分

» 三国志のNO.2呉国にみる二つの国家方針の是非 後編 [平太郎独白録]
親愛なるアッティクスへ 昨日の続きです。 そもそも、一般に知られている三国志というものは、「三国志演義」というものがベースになっているようですが、これは、日本で言うところの、ちょうど、「忠臣蔵」のようなもので、演劇の題材として取り上げられたことで、広く人々に親しまれるようになった「物語」であり、面白おかしく講談化されたものです。 三国志演義の中で周喩は、英明な人物でありながらも、それ以上に英明�... [続きを読む]

受信: 2007年1月11日 (木) 13時28分

« 更新停滞 | トップページ | 読後雑感「護くんに女神の祝福を!〈2〉/岩田 洋季/メディアワークス」 »