« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月の17件の記事

境川流域散策「木曽山 福昌寺」

 ここ数日、天気が良かったので(今日はあれですが)市が発行している「境川流域散策絵図」を覘いていたら、福昌寺というのが比較的近くに所在していましたので、散歩がてら寄ってきました。
 福昌寺は檀家も多そうで、寺域には寄進による多くの石仏等が立っています。又、寺域中心部には、市名木百選に選ばれたケヤキの木が立っていました。境内には子供が遊んでいたり、お婆さんたちが境内の清掃をしていたりして、中々に微笑ましい気持ちでした。
 帰りは町田街道沿いに帰りましたが、100円ショップを見つけたので、得をしたなと感じつつ家に帰りました。福昌寺の隣に在る秋葉神社も訪れましたが、その報告は明日に。

福昌寺縁起
山号を木曽山と称し曹洞宗に属す。永禄十一年(1568年)二月高洲快天により開創され相州津久井郡功雲寺第十世柳山洞繁大和尚を請して開山す。釈迦牟尼佛を本尊とし高祖・太祖両大師の禅戒一如修燈不二の正法に随順す。風土記稿によると元和三年三月二十一日、徳川家康公駿府久能山より日光東照宮へ改葬の砌り霊柩の休息所たり。明治四十年十二月火災により創建時の伽藍は烏有に帰す。その後再建されて、現在に至る。境内地一一九二坪余也。

006_2 003_1 008 011

| | トラックバック (0)

今日の予約品

0400101198591_4  

とらのあなで予約したサークル「ロケット燃料★21」の初恋クレイジーが届きました。
 内容は東方の総集編となっています。自分は東方自体にはまったく興味が在りませんが、秋★枝さんの作品ですので購入しました<現に以前好きだった作家(某月刊誌で、東方の連載中)さんが、東方を中心に活動するようになって一切読まなくなりました>。
 これからゆっくりと堪能して、読みたいと思います。

| | トラックバック (0)

ニュース雑感「TBS、不正確報道 不二家問題「誤解与えた」」

TBS、不正確報道 不二家問題「誤解与えた」
                               3月29日8時0分配信 産経新聞
 不二家問題を取り上げたTBS系の情報番組「みのもんたの朝ズバッ!」が今年1月に報じた内容について、不二家が社外に設置した「信頼回復対策会議」が「事実の歪曲(わいきょく)がある」などと指摘していることが28日、分かった。同会議は、報道が「不二家に営業上重大な損失を与えた」として、30日公表予定の不二家問題に関する報告書に盛り込む。TBSは同日、記者会見し「正確性を欠く部分があった」と認めた。

参照記事:YAHOO熊本弁ニュースニュースアーカイブス

 TBSがまたやらかしたらしい。TBSラジオのファンとしては、嘆かわしいかぎりです。
記事を見る限り不二家側が否定したことを、無理やり放送した感じが見られますので、「誤解を与えた」というような次元では無い気がします。
 放送した番組「みのもんたの朝ズバッ!」は、昔から司会者が本番中に居眠りしているのが気に入らないです。本番中に寝るなら、そんな仕事受けるな!と言いたい。

| | トラックバック (7)

お薦めリンク追加

 お薦めリンクに、オダワラハコネ氏が原画を担当したPCゲーム「見上げた空におちていく」を追加しました。

『見上げた空におちていく』応援中です

| | トラックバック (0)

読後雑感「まぶらほ~じょなんの巻・いち~/築地俊彦」

出版社/著者からの内容紹介
ついに山瀬千早が、乱入開始! どうどう新章スタートです!
和樹たちのまえに、転校生として現れた山瀬千早。しかし、彼女のことは和樹をはじめ、葵学園のみんなは忘れていた.。以前、千早が引き起こした事件が原因で、彼女ののぞみにより記憶が抹消されていたのだ--。
書籍データ
文庫: 291ページ
出版社: 富士見書房 (2007/01/25)
おすすめ度:  
Amazon.co.jp ランキング: 本で18,977位
参照記事
ライトノベルっていいね まぶらほ じょなんの巻 いち
鼠見聞録 - まぶらほ じょなんの巻・いち
yx2.stackdump まぶらほ じょなんの巻 いち

 3/25読了。まぶらほの最新刊を読みましたので感想を。この巻は、短編+書き下ろしの計7編が掲載されています。
 この巻は千早が、ほぼメイン(正統派)ヒロインとして話を引っ張っています。やはり粗暴なヒロイン同士の乱闘で話が終わるという展開が少なくなったのは嬉しいですね。
 自分的に好きな場面は「秘める想い」での玖里子千早との会話のシーンです。玖里子が自分を卑下しつつも前向きな発言と、千早を受けいれるといったニュアンスの会話がいいですね。
 書き下ろしの「グッド・デイ・サン・・・・・・」は、単純にあまり面白くない上に、書き下ろす必要があるのかという感じの作品だと思います。登場キャラの幅を広げる話でも、設定を広げる話でもないですし。また千早の妹の神代が巻き込まれていますが、彼女は姉以上に純粋な性格だと思いますので、なにやら憐れさを感じます。
 次巻は「メイド編」だそうなので、楽しみです。ああ早くリーラに会いたいなぁ・・・。

| | トラックバック (1)

読後雑感「教艦ASTRO(1)/蕃納葱」

出版社/著者からの内容紹介
蕃納葱初のコミックスがついに発売!!学校を舞台にした作品は数あれど、この作品は女教師がメイン!!うら若き女教師達が官能をくすぐる、生徒厳禁の職員室4コマです!!刺激の欲しい方はぜひお買い逃しなくっ!!

コミック
出版社: 芳文社 (2007/2/27)
おすすめ度: カスタマーレビュー数:1
Amazon.co.jp ランキング: 本で21位
参照記事日々戯れ言ときおりのこのみキチガイジャガシカタナイ

 3/22読了。蕃納葱氏の初単行本です。本作品はきららキャラットで連載中の作品です。著者を知ったのは、幻水関連のサイトをサーフィン中に偶然HPを見つけたのが最初だった気がします。
 さて感想です。最初に感じたのは題名の意味が解らなかったのと、養護教諭の荒井準名先生を最初は男性かと勘違いしていました。
 また最初の1,2回程度は、結構普通な(艶っぽさが少ない)展開で始まりましたが、牧和泉先生の兄貴が、登場し荒井先生といちゃつくようになってからは、話の展開が良くなった気がします。
 この巻の終盤では、各教科の先生が次々と登場してきます。中でも自分的に注目は家庭科の日比野早紀先生と、芸術科の笠井恭子先生の二人です。笠井先生のラブラブパワーを見てみたいですね。
 次巻にも期待です。

| | トラックバック (0)

読後雑感「看板娘はさしおさえ(2)/鈴城 芹」

出版社/著者からの内容紹介
質屋の看板娘はなんと「さしおさえ」!? まんがタイムきららMAXで大人気連載中の鈴城芹・作「看板娘はさしおさえ」の2巻が発売ですっ!!おばあちゃんも初登場。パワーアップした早潮質店をご堪能ください!!

コミック
出版社: 芳文社 (2007/2/27)
おすすめ度:  
Amazon.co.jp ランキング: 本で2,699位
参照記事: 鼠見聞録マンガ続刊読破

 3/18読了。質屋4コマ漫画の第二巻です。
 この巻は、主に「お父さん(早潮匡臣)を見直そう大作戦」な内容です。子供の叱り方や、実は目利きが凄いとかが判明します。ですが、そこは匡臣さんなので商売に結び付かないのですが・・・。
 全身凶器ことお祖母ちゃんの早潮さつきが初登場です。さつきさんの登場で小枝の教育方針が垣間見れます。
 他には、小枝の学校の担任(柿崎先生)や友達(翠ちゃん)も初登場です。これで舞台が広がるのでしょうか?自分は舞台が広がらない方がいいとは思いますが(小枝の性格が・・)。
 この巻での好きな4コマは「僕にその手を汚せと言うのか」です。題名もアレでですが、お母さん(早潮桜子)のいい性格が現れていて好きです。

 

| | トラックバック (0)

ラジオ感想「安住紳一郎の日曜天国」

 TBSラジオ(10時00分~12時00分)「安住紳一郎の日曜天国」を初めて聞きましたので、感想を。
 以前から番宣で聞いていて気になる番組では在りましたが、深夜勤務明けの為に、ついつち聞き逃していたのです。そこで、昨日は時計のアラームを設定までして、聞きました。
 感想ですが、MCの安住アナは意外とと言っては失礼ですが、トークが中々に旨く面白い番組だと感じました。ただ、他出演者がメインのサブコーナーで反応が鈍いのが気になりましたが・・。
 全体的に面白かったので今後はなるべく聞いていきたいなーと思っています。

| | トラックバック (0)

読後雑感「からハニ(1)/現津みかみ」

出版社/著者からの内容紹介
アイドルは絶対やめられないっ! 歌にドラマにバラエティーにとただいま人気急上昇中の5人組アイドルグループ・パステル。芸能界の荒波を持ち前の個性とチームワーク?でスター街道まっしぐらです!

コミック
出版社:
芳文社 (2007/1/27)
Amazon.co.jp ランキング: 本で49,913位
参照記事コナミっ子駄文・改~すずのね~マンガ一巻読破
       明るいオタク計画

 3/17読了。きららキャラットで連載している作品の単行本化です。雑誌連載中はざっと目を通す程度でしたが、単行本発売ということで購入してみました。
 著者の現津(あきつ)みかみ氏の作品はたぶんこれが初見ですが、単行本を通して読むと連載開始直後よりも、画的に上手く(見易く)なっているのが、分かります。
 アイドルグループを描いた本作品が連載開始されたとき、「アイマス」の漫画化と思いましたので、その点について留意して単行本を読んでみましたがやはり違うようです。自分はどちらかといえば、「アイマス」原作の作品よりも、本作品の方が絵柄・作風的に好きですね。
 後書きを読んで思ったのですが、なんで後書きはみんな自虐ネタが多いのだろう?かと考え込んでしまいました。
 ネタ切れにならずに、2巻が出たら続きを読みたいですね。

| | トラックバック (1)

深夜ラジオ「JUNK2 カンニング竹山 生はダメラジオ」

 「生ダメ」昨日の放送は、整形美人(素人)を迎えての放送ということで期待して聞いていたのですが(録音)、聞いていて面白くなくて開始10分間足らずで、聞くのを止めてしまいました。
 整形する人はどういう考え方をしているのか興味があったのですが、ゲスト女性の考え方を聞いていて気持ち悪くなってしまったからです。あと、前番組(アンタッチャブル)が面白すぎたからかもです。
 自分の根本の考え方からして、子というものは親のDNAから作られるということは、整形というのは一種の親に対する否定的行動の一つと考えています。
 ですがそういったものとは無関係のただ若い状態を保ちたいという考えのようでした。こういうドライな考え方もあるかと思いつつ、それだけなら聞く必要も無い(容易に予想できる)考え方だなと感じました。

| | トラックバック (0)

読後雑感「ラグナロクオンライン -PC前に24時-/轟とどえ」

出版社/著者からの内容紹介
パソコンの前で、人を好きになってしまいました。
ディスプレイの向こうで繰り広げられる出会いと別れ、そして恋。RO漫画界の雄・轟とどえの描く、ちょっぴり切ないハートフルストーリー。RO個人本・第14弾の今作は、表題作「PC前~」シリーズをはじめ、『RO』アンソロジーで人気を博した轟とどえ氏の作品群に、「PC前~」シリーズのエピローグほか短編2本の描きおろしを加え、172ページの大ボリュームでお贈りします!!

コミック:
172ページ
出版社: エンターブレイン (2007/2/26)
Amazon.co.jp ランキング: 本で8,418位
参照記事G-DepTapestry

 3/15読了。轟とどえ氏のRO個人本が出ましたので、読んでみました。ふと思ったんだけれども轟とどえ氏は、PNに昔は轟が付かなかった気がしますが、記憶違いですかね。
 感想ですが、本の題名シリーズの「PC前に・・・」はリアルな話が面に出ている話です。この「PC前に・・・」シリーズよりも、「賢者の贈り物」シリーズの方が好きですね。こちらの方がなんとなく、轟とどえ氏らしい作品だと感じたからです。あと、キャラクターとしては、プリのハルコが好きですね。
 あと、ゲストでオダワラハコネ氏のイラストを見れたのも嬉しかったです。

 

| | トラックバック (0)

読後雑感「ひだまりスケッチアンソロジーコミック(1)/芳文社」

「ひだまりスケッチ」初のアンソロジーコミックが登場!! 執筆陣はMATSUDA98、黒須嗣載、kashmir、荒井チェリー、野々原ちき、蕃納葱、真田一輝、里好etc…。ひだまりファンのみならず、皆に読んでもらいたい一冊が出来ました!

コミック:120ページ
出版社: 芳文社 (2007/2/27)
おすすめ度: カスタマーレビュー数:1
Amazon.co.jp ランキング: 本で1,567位
参照記事KimagreInRash!白百合の杜 ~diaryたけやぶさん家

 3/13読了。アニメ化された、「ひだまりスケッチ」のアンソロジーコミックです。執筆陣は、相方のMATSUDA98氏を除けば、きらら系での執筆者となっています。
 全体的な感想ですが、アンソロとなると4コマとは勝手が違うのか、原作の世界観を生かしつつ、書き手の特徴が出た作品は少なかったです(特に袴田めらは酷い(蛙を殺さないと描けなかったのか・・・)。)。出版社がアンソロジーという形態に慣れていないのからかも知れませんが。
 掲載作品の中での白眉は、やはりMATSUDA98氏の「陽の当たる場所」です。次点は、里好なかま亜咲氏の両名でしょうか。
 残念だったのは、蕃納葱氏がイラストだけだったことです。単行本作業で忙しかったのかも知れませんが・・。VOLUME02が出ることがあったら、蕃納葱氏的な吉野家先生が見たいですね。

 

| | トラックバック (0)

読後雑感「火魅子炎戦記〈8〉/舞阪洸」

出版社/著者からの内容紹介
激化する火魅子の物語、第二部第八弾!
謎の飛行物体の目撃情報が亜衣のもとにもたらされた。「それ」は耶麻台共和国から耶麻臺国を通り、新耶麻台国上空へ。初めての上空戦、地上の激闘、不可解な地震い。激化する火魅子の物語、第二部第八弾!

文庫:
345ページ
出版社: 富士見書房 (2007/02)
Amazon.co.jp ランキング: 本で1,366位
参照記事ダメ日記真紅派同研

 3/5読了。読んでの感想の第一は、第二部の炎戦記もすでに8巻なのに、相変わらず全面戦争化しないなーでした。今の遠征軍は先遣隊でしょうし、それを撃退した上で本国とも戦わなければならないと思うのですが・・。
 この巻は、星華が随分と出張っています。九峪がいる火向県知事なので仕方が無いかも知れませんが・・・。もっと他の人物を扱ってほしいものですが・・・(衣緒、音羽、上乃とか)。この巻での好きな場面は、清瑞が帰りたくてたまらなくて浮かれている所ですね。
 次巻は、旧耶牟原城の結界が崩れるのでしょうか(小説は設定が違うかも?)?

| | トラックバック (0)

読後雑感「ラグナロクオンライン -裏通りひみつ倶楽部-/渡会あずさ」

出版社/著者からの内容紹介
プロンテラの路地裏からはじまるHAPPY TALES!!
大好評のRO個人本シリーズ第13弾、渡会あずさ作品集がついに発売!! eb!のROアンソロジーコミックの作品に加え、他社刊アンソロジーに掲載された作品も大収録!! もちろん描きおろしもありますよ~っ!!

コミック: 148ページ
出版社: エンターブレイン (2007/1/29)
Amazon.co.jp ランキング: 本で18,419位
参照記事Blue MoonFool on the Planet召しませ福を!

 3/5読了。渡会あずさ氏のROアンソロ短編集です。エンターブレイン及びブロッコリーに掲載された作品+書き下ろしが3編追加された内容です。
 騎士ハスカのパーティーを描いている度会あずさ氏の作品が出ると聞いて購入したのですが、掲載作品は期待したものと違っていたのでちょっと残念でした。よく考えたらハスカものは、一迅社で描いていたので掲載されるはずも無かったですね。
 後、各短編は面白いのですが、それぞれに関連性が少ないのが残念です。
 一迅社も作品集を出したくれないかな・・。望み薄ですが。

| | トラックバック (1)

今月の読破予定本

 3/2に届いた今月読破予定本です。

ひだまりスケッチ アンソロジーコミック(1)
まんが4コマKingsぱれっと Vol.4
からハニ(1)
ラグナロクオンライン PC前に24時
Kanon コミックアンソロジー(15)
まんがタイムきららキャラット 07年04月号
教艦ASTRO(1)
まんがタイムきららMAX 07年04月号
看板娘はさしおさえ(2)
火魅子炎戦記(8)
まんがタイムきらら 07年03月号

| | トラックバック (1)

生姜紅茶

久し振りに読書の感想では無く、普通の日記でも書いてみましょうか(本来そういうつもりで立ち上げたのですが・・・)。
 今日、親が訪ねてきて、生姜紅茶を置いていきました。自分が肥えているので、知り合いがやっている(主婦)生姜紅茶ダイエットが効くと聞いて持って来てくれのです。詳しくダイエット方法を聞いてみると、食事療法+運動で行うらしく、主婦のように家に居る時間が長くなければ実施は難しそうな気が・・・(夜勤勤務ですし)。ですが生姜は体に良いと効きますし、生姜紅茶を飲むだけでもやってみようかな。
 話は変わりますが、ブログに対してTBスパムが増えてきた気がします(4~5件/日)。アクセス数は増えてないのに~。たいした数ではありませんが、一々対処するのが面倒くさいですね。どうにかならんもんかな。

| | トラックバック (1)

読後雑感「相沢家のえとせとら(1)/真未たつや」

出版社/著者からの内容紹介
しっかり者の三女・祐海、トラブルメーカーの次女・りく、ちょっとおやぢな長女・空。祐海LOVEのこのえも加わって、相沢家はいつもにぎやか!ほんわかほのぼの+ちょっぴりお色気をお楽しみください!

出版社: 芳文社 (2007/1/27) 
おすすめ度:
Amazon.co.jp ランキング: 本で1,650位

 2/27読了。この作品は両親不在の3姉妹+一人”シナリオライターでおやじな性格の長女・空、不思議言動満載の次女・りく、しっかり者で石神君に片思いの三女・祐海、祐海Loveのが嵩じて飛び級までしてしまった・このえ”が中心で回転していくお話です。
 巻頭に書き下ろしのカラー漫画がちょっぴりエロイですね。同人誌で18禁ばかり書いている成果でしょうか?そういえば、後書きのイラストの夕姫が主人公の漫画も同人誌で出していましたね。なかなか面白いと感じたのですが。
 さて、好きな話は「なんとか・・・」の4コマ目の祐海や「寒さ対策」「お約束」等の空と祐海のやりとりが好きですね。
 この作品の連載が永く続いて続刊が出るのを期待しています。

| | トラックバック (1)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »