« 「らき☆すた 第15話」 | トップページ | 後半戦の注目選手 »

7/24(火)巨人vs.横浜12回戦

[戦評】 横浜は1-0で迎えた5回表、村田の満塁弾でリードを広げた。本塁打攻勢で1点差に迫られた9回には金城の3ランで突き放した。投げては先発・工藤が6回2失点の好投で、今季対セ・リーグ初白星。チームは球宴を挟んで連勝、3連敗の巨人とのゲーム差を0・5とした。

工藤G倒!史上6人目全球団勝利
「ヒーローなんておこがましい」
“ハマのおじさん”工藤が巨人斬り!史上初の13球団勝利

 ココログがメンテ中でしたので、今頃ですが昨日の試合の感想を。
 前期の最終戦に登板せずに三浦が先発でしたので、後期の初戦は工藤かな?と感じていましたが、其の通りとなりました。
昨日の殊勲者は、なんといっても工藤投手でしょう。降板した6回に李の16号2ランで2失点したものの、それ以外は粘りの投球でチームにリズムを与えていました。
 
 工藤の後を継いだピッチング陣は、那須野を除けば良かったです。特に自分は横山投手が見れたのが嬉しかったです。那須野投手は、いまいち精神的に弱い気がします。関口投手並みに。
 
 攻撃陣は4番村田の満塁弾を含め、1・4・9回に得点と理想的でした。

 これで2位に0.5差です。

|

« 「らき☆すた 第15話」 | トップページ | 後半戦の注目選手 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136150/16038554

この記事へのトラックバック一覧です: 7/24(火)巨人vs.横浜12回戦:

« 「らき☆すた 第15話」 | トップページ | 後半戦の注目選手 »