« 「らき☆すた 第16話」 | トップページ | 7/28(土)阪神vs.横浜12回戦 »

7/27(金)阪神vs.横浜11回戦

阪神は5回裏、代打・矢野の適時打で2点を先制。続く6回には金本のソロを含む5連打で3点を加えた。先発・上園は5回を無失点に抑え3勝目。チームは今季初の6連勝で貯金を1とした。横浜は先発・三浦が4試合ぶりの失点を喫すると、その後も踏ん張れなかった。

 阪神vs.横浜11回戦の感想です。

 3回の横浜の攻撃で、1・3塁のチャンスに村田の三振と仁志のホーム突入も、投手上園のブロックで先制のチャンスを逃します。

 先発三浦は4回まで1安打で抑え、平松投手の持つ連続無失点の球団記録を更新しました。ですが5回に、二塁打と四球2つで満塁とされ、代打の矢野に一塁ベースに当たるライト前ヒットで先制されてしまいました。

 6回にも3失点を許し、勝負有りでした。

 阪神の上園も良いピッチングでしたが、先制のチャンスを逃したのと、三浦投手の乱調が全てでした。三浦投手に関しては、3連勝もしたしこんなものでしょう。

|

« 「らき☆すた 第16話」 | トップページ | 7/28(土)阪神vs.横浜12回戦 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136150/16038601

この記事へのトラックバック一覧です: 7/27(金)阪神vs.横浜11回戦:

« 「らき☆すた 第16話」 | トップページ | 7/28(土)阪神vs.横浜12回戦 »