« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月の22件の記事

忘れてた~

 昨日の深夜ラジオ『JUNK 伊集院光 深夜の馬鹿力』を録音するのを忘れてしまいました。
 いつもバイト前にタイマーセットしていくのですが、昨日は出勤時間直前に起きたのが敗因ですかね。『コサキンDEワァオ!』と、この番組しかMD録音していないのに忘れてしまうとは・・・不覚。

| | トラックバック (0)

参議院選挙へ

惨敗、でも「責任果たす」=「苦しい」連発、安倍首相(時事通信)

「大変厳しい結果だが、反省すべき点は反省し、スタートしたばかりの国造りに総理として責任を果たす」。参院選の惨敗を受け、安倍晋三首相は硬い表情で敗戦の弁を述べる一方、続投の意向を強調した。
 東京・永田町の自民党本部。午後10時20分すぎからテレビ番組のインタビューに応じた首相は、悔しさを押し隠すような淡々とした口調。「苦しい状況だ」「結果は厳粛に受け止める」と繰り返した。
 「惨敗の責任は私にある」としつつ「基本路線は多くの国民の理解を得ている」とも。「国民の声に耳を傾けながら、改革を続行したい」ときっぱり述べた。

 昨日は、時折雷交じりの土砂降りの中、投票に行って来ました。
 投票を入れる候補は、自民党を鼻から除外した上で、選挙公報を読んで決めました。

 さて、選挙結果が出たら自民党が大敗北でしたね。当たり前ですが。
 安倍総裁のインタビューが、各報道番組で流れていますが、聞いていて訳が分からないのが『惨敗の責任は私にある』としながら、責任を取る気は無いということです。
 又これだけ惨敗し、安倍政権に対する批判を示されても、ぬけぬけと『国民の理解を得られている』と発言する事が出来る頭の仕組みが、自分には訳分からんです。

| | トラックバック (0)

読後雑感「すべては愛のために/山門敬弘」

神凪家の令嬢・綾乃に見合い話が舞い込んだ。相手は日本の陰陽道の総本家ともいうべき土御門家の次男坊。宗主・重悟によるとそれは綾乃が生まれる前から決まっていた話だという。すべては重悟の作戦ではあったが。

書籍データ
タイトル     風の聖痕Ignition すべては愛のために
著者/イラスト 山門敬弘/納都花丸
出版社      富士見書房
版形        文庫版
ページ数     278ページ
価格            546円(税込み)
目次       リターンマッチ
          宿敵
          女の戦い
          すべては愛のために【前編】
          すべては愛のために【後編】
          すべては愛のために【その後】
          運命の出会い!?

 この巻を読んでの一番の感想は、著者の体調は大丈夫か?でした。随分前から体調が悪いと言っている気がします。いっそのこと、2~3年静養したほうが良いのでは?作品も気になりますが、明治の私小説家じゃあるまいし、体調優先で行って欲しいですからね。

 本の内容ですが、綾乃の見合い話が売りな短編集でしょう。
 ですが、自分的には和麻の元カノ柚葉の再登場が嬉しい『宿敵』ですね。和麻の過去を知りつつ、現在は好きなのか嫌いか解からない所がいいです。
 他の見所は煉が、少女に間違えられる『運命の出会い!?』でしょうか。定番ネタでは、ありますが。

参照記事 ライトノベルっていいね
       記憶の紙片
       愛があるから辛口批評!
       木の葉亭BLOG
       楽しいことを見つけよう!

山門 敬弘 / 富士見書房(2007/06)
Amazonランキング:635位
Amazonおすすめ度:
今回は書き下ろしは無し
今巻は書き下ろし無しの短編集(手直し有り)

| | トラックバック (0)

7/28(土)阪神vs.横浜12回戦

両チーム合わせて27安打を放った試合は横浜が制し、チームの連敗を3、阪神戦の連敗を6で止め、4位阪神とのゲーム差を2に広げた。横浜は2回1点を返すと、5回には2死無走者から、村田、相川のタイムリーと2つの押し出し四球で4点を挙げ逆転。6回には金城のタイムリー2ベース、8回には村田の犠飛で加点した。阪神は1回、金本・林の連続タイムリーで2点を先制したが、13安打を放ちながら13残塁の拙攻で、2回以降は無得点。チームの連勝は6で止まり勝率は5割に逆戻り。なお横浜の金城が1000試合出場を達成した。

 阪神vs.横浜12回戦の感想です。が、夕方から寝込んでしまったので、途中からの感想です。起きてテレビ・ラジオ(自分はTVで嫌いな解説者がいると、ラジオで解説を聞くのです)を付けたら(8時頃?)、雨で中断している場面でした。

 再開後は、阪神の渡辺投手が2者連続で押し出しの上、相川のタイムリーで5回に4得点で試合を決定付けました。

 押し出しを択んだのは、三振が多い吉村・鈴木の2者だったのが大きかったと思います。あと、琢朗の代わりに出た野中選手が4打数3安打2得点1盗塁2犠打と、大活躍しました。セカンド・ショートの有望な若手は、なかなか出て来なかったので、嬉しいですね。

 あと、TBSの解説者が(阪神OB)横山投手のことを、敗戦投手呼ばわりしていたのには、ちょっとムカつきました。

| | トラックバック (0)

7/27(金)阪神vs.横浜11回戦

阪神は5回裏、代打・矢野の適時打で2点を先制。続く6回には金本のソロを含む5連打で3点を加えた。先発・上園は5回を無失点に抑え3勝目。チームは今季初の6連勝で貯金を1とした。横浜は先発・三浦が4試合ぶりの失点を喫すると、その後も踏ん張れなかった。

 阪神vs.横浜11回戦の感想です。

 3回の横浜の攻撃で、1・3塁のチャンスに村田の三振と仁志のホーム突入も、投手上園のブロックで先制のチャンスを逃します。

 先発三浦は4回まで1安打で抑え、平松投手の持つ連続無失点の球団記録を更新しました。ですが5回に、二塁打と四球2つで満塁とされ、代打の矢野に一塁ベースに当たるライト前ヒットで先制されてしまいました。

 6回にも3失点を許し、勝負有りでした。

 阪神の上園も良いピッチングでしたが、先制のチャンスを逃したのと、三浦投手の乱調が全てでした。三浦投手に関しては、3連勝もしたしこんなものでしょう。

| | トラックバック (0)

「らき☆すた 第16話」

0727235527_0

らき☆すた16話「リング」の感想です。

0727235527_1

こなたに頼まれた本を探しに某ショップに来ると、つかさがあかりのコスをしていると勘違いされて被写体に。 つかさが「神岸じゃないです」と答えていたのには、自覚と知識が有ったのかと・・・。 店内では某雑誌とギアス本を購入し、こなたのバイト先へ。

0727235527_2

こなたは、ハルヒのコスプレでかがみ御一行をお出迎えです。 かがみと団長の会話は、知り合いな分余計に頓珍漢な感じが出ています。「仕様です」とか。

0727235527_4

みさおの声を聞いて、漫画を読んで予想していた声と随分違っていました。なんか、外国人チックな喋り方していたような。

0727235527_5

医療系番組を見ていて、こなたの「もうすぐ逝く?」との発言に涙する、一家の図です。このネタには、あるあると肯いてしまいます。身近な病気が元で・・・という番組だから、特にそう思いますね。

0727235527_6

EDのPVは、今野宏美さんの演歌でした。最近あまり声優に興味がなくなってきたので、PVが始まった時は、いったい誰だ?と思いました。

 EDを早く元の形(カラオケBOX)に戻して欲しいですね。

| | トラックバック (0)

市内ニュース「忠生に大型交番新設」

忠生に大型交番新設

7月19日、忠生公園前に設置された大型交番「忠生地区交番」の運用が開始された。新たに設けられた同交番は町田警察署管内では16番目となり、全国でも最大級の規模。今後、町田警察署管内、北西部の警察活動拠点として機能していく。窓口業務の「車庫証明」や「免許証記載事項の変更」にも対応可能なのは全国の交番としても珍しく、同地区の治安維持はもちろん、各種申請手続きの混雑解消にも新たな期待が寄せられている。(タウンニュース)

 町田市の忠生に大型の交番が出来たようです。
 夜コンビニのバイトをしていると、日に1~2回は必ずパトカーがサイレンを鳴らして走り去っていくのを見掛けます。

人口41万人を突破した町田市。昨年の調べでは町田警察署の警察署管轄内居住人口は警視庁第1位を記録した。一方、刑法犯は6,591件で2位、110番受理は29,376件で3位とその稼動ぶりも浮き彫りとなった。安全安心の新たな拠点として、今後の活躍に期待が寄せられている。

 記事には上記の記述があり、町田市はやはり犯罪が多かったんだなと実感しました。この交番の設置により、治安回復が早期に計られることを望みます。

| | トラックバック (0)

7/26(木) 巨人×横浜 14回戦

巨人が連勝で、6カードぶりのカード勝ち越し、7/16以来の首位に立った。
巨人は1回に先頭・高橋由伸の23号HRで先制。
高橋は昨日に続き今季9本目の先頭打者本塁打でプロ野球新記録を達成。
同点の6回には、阿部、ホリンズの連続タイムリーで2点を勝ち越し、逃げ切った。 先発高橋尚成は7回を8安打2失点で自身最多、リーグハーラー単独トップの11勝目。
3人目上原が15セーブ目を挙げた。
横浜は6回に村田・佐伯の二者連続ソロで同点に追いつくも、来日初登板初先発のマットホワイトが5回2/3を4失点と誤算だった。

 対巨人14回戦の感想です。
 昨日の試合はなんといっても、投手交代時期ミスでの敗戦でした。
 
 初先発となったマットホワイト投手は、戦前の予想よりも良いピッチングでしたが、6回頭から代えるべきでだったでしょう。シーレックスでの登板でも確か5回だか6回ぐらいに大量失点で交代した・・・なんて試合があった筈です。それを考えれば勝ちは付きませんが、交代すべきだったでしょう。

 敗戦投手になりましたが、MH投手は先発要員として使えるかもしれませんね。

 今日から調子を上げてきた、阪神との3連戦です。気を付けたいですね。
又6/26付で、岡本投手に代わって、秦投手が選手登録されました。今シーズン初の1軍でしょうか?(公式HPデータより) 

| | トラックバック (0)

7/25(水)巨人vs.横浜13回戦

【戦評】
 巨人が今季最多となる13得点を挙げ連敗を3で止めた。
 巨人は2点を追う1回、高橋由伸の球団新、プロ野球タイとなる8本目の先頭打者HRと小笠原の22号2ランで逆転すると、3回以降着実に加点した。
 4回には高橋由伸の22号ソロ、8回にはイ・スンヨプの2試合連続の18号3ランなどで突き放した。
 先発・木佐貫が8勝目。横浜は1回金城の2試合連続となる8号2ランで先制するが、先発の寺原がリードを守れず、今季最短の4回で降板5失点で7敗目。
 9回には野中のプロ入り初HRとなる2ランなどで4点を返すが反撃もここまで。

 巨人VS横浜13回戦の感想です。
 工藤の好投を受けての第2戦の先発は寺原でした。金城の2ランHRで先制してもらったに、初回高橋選手に先頭打者HRを含む3失点と最悪の立ち上がり。結局立ち直りを見せず、4回で降板になってしまいました。
 
 その後を継いだ横山投手は、良いピッチングを見せましたが、川村・岡本投手が合計8失点で大敗でした。負ける時は、こんなものでしょう。接戦の試合に頑張ってくれれば。

 大敗でしたが、横山投手のピッチングと9回の吉村・野中(プロ初HR)に、光明を見出す試合でした。3戦目は、新外国人の先発でしょうか?前評判を聞くと期待薄ですが。

| | トラックバック (0)

「風の聖痕 第15話」

風の聖痕15話の感想です。
0726083931_0
先週、やられたばかりのキャサリンが再登場です。
0726083931_1
人目も気にせずにメタトロンで、雑魚狩りをしていたキャサリンは、成り行きで和麻の指導を仰ぐことに。ベタな展開で、和麻に惚れちゃった☆ 原作では綾乃に対する心理作戦の一環としてベタついていましたが、アニメでは本気っぽいですね。
0726083931_5_2
和麻の提案で、一転豪華主義から物量作戦へ切り替えたら、綾乃のスタイル(戦法)の隙を突きリベンジ成功。
0726083931_2
ですが相棒(パートナー)という言葉が気に喰わなかったらしく、綾乃の怒りを買って負けてしまいます。しかし、この顔はヒロインじゃないよな。まるで狂戦士(バーサーカー)だよ。
0726083931_3
決闘後は、ライバルとして認め合い仲良く握手と相成りました。
0726083931_4
ですが、今後は恋敵として存在するようです。キャサリンは、これから先はアニメオリジナルな活躍をしてくれそうで楽しみです。

 ところで和麻がメタトロンを倒す場面ですが、原作どうり果物ナイフで倒した方が、カッコいいと思うのですが・・・。

参照記事 オタク隠して三千里
       アニオタライフ
       

| | トラックバック (0)

後半戦の注目選手

 リーグ後半戦が始まりましたので、後半戦の注目選手を挙げてみたいと思います。

高崎が2回4奪三振/フレッシュ球宴 <ウ選抜1-0イ選抜>◇19日◇松山

湘南の高崎が2回無安打無失点4奪三振の好投で優秀選手に輝いた。直球、変化球ともにさえ「自信になりました」。好調のまま前半戦を終えた1軍について「戦力になりたい」と、意気込んでいた。[日刊スポーツ2007年7月19日22時26分]

 注目選手の一番手は、やはりフレッシュオールスターで活躍した高崎健太郎投手でしょう。ベイスターズでは1試合しか登板していませんが、シーレックスでは8勝3敗・防御率2.15と好成績を残していますので、是非1軍のローテーションに入って欲しいですね。
 新外国人は、シーレックスでの登板内容を見ると先発では使えそうに無いとの話も出ているようなので。

 それ以外では横山道哉投手と佐久本昌弘投手に、ベテランの力を発揮して欲しいですね。

| | トラックバック (0)

7/24(火)巨人vs.横浜12回戦

[戦評】 横浜は1-0で迎えた5回表、村田の満塁弾でリードを広げた。本塁打攻勢で1点差に迫られた9回には金城の3ランで突き放した。投げては先発・工藤が6回2失点の好投で、今季対セ・リーグ初白星。チームは球宴を挟んで連勝、3連敗の巨人とのゲーム差を0・5とした。

工藤G倒!史上6人目全球団勝利
「ヒーローなんておこがましい」
“ハマのおじさん”工藤が巨人斬り!史上初の13球団勝利

 ココログがメンテ中でしたので、今頃ですが昨日の試合の感想を。
 前期の最終戦に登板せずに三浦が先発でしたので、後期の初戦は工藤かな?と感じていましたが、其の通りとなりました。
昨日の殊勲者は、なんといっても工藤投手でしょう。降板した6回に李の16号2ランで2失点したものの、それ以外は粘りの投球でチームにリズムを与えていました。
 
 工藤の後を継いだピッチング陣は、那須野を除けば良かったです。特に自分は横山投手が見れたのが嬉しかったです。那須野投手は、いまいち精神的に弱い気がします。関口投手並みに。
 
 攻撃陣は4番村田の満塁弾を含め、1・4・9回に得点と理想的でした。

 これで2位に0.5差です。

| | トラックバック (0)

「らき☆すた 第15話」

0717134727_1_13
 15話感想です。
15話も冒頭の台詞を含め、パロディネタが満載でした。
しかし自分には、いまいち詳しくないネタが多かったので、感想では取り上げませんが(DCとか)。
0717134727_3_4   
 1巻のepisode5より、エイプリツフールネタです。黒井先生に騙されたこなたが仕返しに話した、黒いみゆきさんです。 勿論みゆきさんは黒くないですが、絵柄が原作より黒さを表現していてついつい噴出し笑いをしてしまいました。
0717134727_4_3
 2巻episode40より、新学期のクラス分けです。
 こなたと一緒になれなかったかがみんが、リストを再確認する悲しげな表情が、萌える感じです。
0717134727_6_3
 3巻episode41より『居眠りは防御不可なんです』と、黒井先生に力説するこなたの図です。 こなたの言うとおり、あまりに眠いとどんなに集中していても、正しくやつらは突然やってくるのです。
0717134727_7_2
 EDは今後、実写系で続けるのかな。そろそろ飽きたのだが。

 原作と照らし合わせて今回鑑賞して見ましたが、意外と前後してネタを拾っているのを発見しました。季節ネタなどは、何回も出てくるからかな。

参照記事 たこの感想文
         アニオタライフ
       青と黒

| | トラックバック (0)

読後雑感「幽霊旅行代理店ソウルメイトツーリスト(1)/ふる鳥弥生, 根本新」

内容紹介

美少女添乗員がどんな幽霊でも快適極楽旅行をお約束します!?

霊感があるくせに、幽霊が大嫌いな女子高生・遠野真理子(17)。ある日、祖母のお彼岸参り先で無縁仏・仁の墓を壊してしまった真理子は、墓を弁償するため「幽霊旅行代理店ソウルメイトツーリスト」で添乗員(ツアコン)のバイトをすることに! この旅行代理店は旅を通じて、幽霊たちがこの世に残した“未練”を晴らすという変な会社。そしてお客である幽霊たちはみなひとくせもふたくせもある個性派(?)ぞろい。老若男女になんと幽霊犬まで! 心と魂のおつきあいをモットーに、臆病添乗員・真理子と幽霊たちの不思議な旅行、ただいまより出発進行です!!

書籍データ
タイトル     幽霊旅行代理店ソウルメイトツーリスト(1)
著者    原作 根本 新
         漫画 ふる鳥弥生
出版社   講談社 シリウスKC
版形    B6判
ページ数  207
価格         本体540円
目次    ツアー① 前夜
       ツアー② お迎えがきました!?
       ツアー③ 初仕事はツツジの香り!?
       ツアー④ ちょんまげランドでつかまえて
       ツアー⑤ 素直になれなくて・・・・ふたり
       ツアー⑥ 未練を越えた娘

 この作品は、前々からまんが王倶楽部の特集ページが組まれていて、気になっていた作品です。今回4巻が(最終巻)発売されたのを機に、購入してみました。
 ふる鳥弥生氏の単行本購入は初めてですが、昔、確かKanonのアンソロを読んだ(真琴ネタ)記憶があります。確か其の一作品しか読んだことが無いかと思いますが、妙に記憶に残っています。

 さて、本の感想に移りたいと思います。
設定が女子高生が添乗員で、しかも幽霊が客だったりと一風変わっている作品ですが、とても楽しい作品です。丁寧な絵柄ですし。
 1巻は墓を壊した相手である、江戸時代生まれの仁さんの未練を晴らす迄の話となっています。最初は幽霊が大嫌いな真理子ですが、幽霊達との触れ合いで段々と慣れていきます。
 2巻以降も楽しみです。
ところでこの本を読んで初めて、『月刊少年シリウス』という雑誌が在る事を知りました。

ふる鳥 弥生, 根本 新 / 講談社(2006/01/23)
Amazonランキング:位
Amazonおすすめ度:
ほんわかした雰囲気が良
幽霊と人間の境界線ってドコなんだろ…。
躍動感ある幽霊漫画

| | トラックバック (0)

アニメ鑑賞「風の聖痕 第14話」

 風の聖痕14話を見たので、感想を久し振りに書きたいと思います。
原作の短編集より、『綾乃ちゃんの更なる災難』が元になっています。原作を読んでいるとついつい原作との違いが気になります。
 
 尤も原作を知らないと作品に興味が沸きにくいですが・・・(新番組の『ドージンワーク』は原作が面白くないので見る気に成らない珍しい例です)。

 14話の場合、原作では宗主がこのデート?には全く関係しておらず、『綾乃ちゃんの災難(8話)』の後、綾乃がおねだりして獲得したことになっています。ですから、原作には居なかった宗主・錬・霧香に加えて悪霊まで登場してきます。悪霊の表現があまりに古典的だったのには笑いました。
 後は放送コードに引っ掛かったのか、キャサリンが精霊獣で所構わず炎をぶっ放したお陰で廻りに被害が出た際のセリフで、

 キャサリン「大切なのは正義が執行された事実です」に対し、
 綾乃    『うわ、すごいアメリカ的な思想』 

が削除されていたのは残念ですね。この台詞が合ったほうが、より両者の精神的距離感が際立つと思うのですが・・・。

 15話はキャサリン・リターンズとなっていますので、Ignition4に掲載されている話が放送されると思います。まだ読んでいないので、早く読まなきゃ。

 参照記事 アニオタライフ
        たこの感想文
        オタク隠して三千里

| | トラックバック (1)

読後雑感「らき☆すた(4)/美水かがみ」

[ 内容 ]
オタクな女子校生・泉こなたは、好きなもののためには努力を惜しまい女の子。そんな彼女を中心に仲良しな友達との日常を、ゆる~く描いた思わず共感したり、突っ込みたくなるようなネタが盛りだくさんの内容です。

書籍データ
タイトル     らき ☆ すた (4)
著者    美水かがみ
出版社   角川書店 (2007/4/10)
版形    A5判 
ページ数  148
価格         本体760円
目次    episode88 かたよった世界
               episode89 楽しい毎日
               episode90 不都合な真実
               episode91 マシンライフ
               episode92 夢の後
               episode93 地雷
               episode94 各人の場合
               episode95 皆よろしくっ!
               episode96 微笑み溢れる世界
               episode97 キラースマイル
               episode98 素敵素材
               episode99 冷たく透き通る
               episode100 幸せワード
               episode101 孤軍奮闘
               episode102 頑張って頑張って
               episode103 強者の理論
               episode104 それがジャスティス
               episode105 女神様
               episode106 駄目っ子
               episode107 戦う女の子達
               episode108 笑顔の理由
               episode109 デジタルジャンキー
               episode110 実はアイドル
               episode111 容疑者
               episode112 まずは抱きしめてあげて下さい
               episode113 お帰りなさいませ
               episode114 愛すべき人達
               episode115 比較対照
               episode116 みんなの教室
               episode117 これからどうなる?
               episode118 雪解けの花
               episode119 純
               episode120 心理戦
               episode121 最後まで諦めません
               episode122 電話なんて大嫌いっ
               episode123 自分のペースで
               episode124 自分のペースだ
               special       おまけ

参照記事 ライトノベルっていいね
       刹那的虹色世界
       LunaBlog

 現在アニメ放送中の、らき☆すたの第4巻の感想です。
 この巻での注目はepisode118の雪解けの花でしょうか。去年発売された、らき☆すた おきらくカーニバルに掲載された作品です。
 他には、こなたひよりんがオタク同士妙に気が合っている場面が自分的には好きです(廻りの冷眼にも負けず)。又、episode115の不意打ち・予測行動に見られるような、かがみみさおの微妙な距離感も好きです。

 ところで前々から疑問なのですが、何故出て来ないキャラクターのプロフィールを紹介しているのでしょうか?
 後、アニメにもでている小神あきら等の後書きにしか出て来ないキャラの設定が、いまいちわかりずらいです。単行本しか読まない人間にもだからか?
 アニメのあきらが出てくるコーナーは、どう考えても要らないです。自分は録画で鑑賞していますが、コーナーが始まると早送りでEDまで一切見ていません。

美水 かがみ / 角川書店(2007/04/10)
Amazonランキング:位
Amazonおすすめ度:
和みの4コマ漫画
まさに美水かがみの自虐ネタ(?)襲来
癒されますよ

| | トラックバック (1)

読後雑感「MURDER PRINCESS(2)/犬威赤彦」

最凶の虐殺姫の物語、ここに堂々完結!

アリタたちをつけ狙う謎の黒騎士たち……。 彼らの目的は、フォーランド王国に伝わる、世界の情報のすべてを封印する泉 「テ・オーリア」 の鍵だった。
それを知ったアリタとミラノは、決着をつけるべく、最後の戦いに赴く!
果たして王国の運命は? そして2人の魂の行方は!? 衝撃の結末をその目で確かめろ!

書籍データ
タイトル     MURDER PRINCESS (2)
著者    犬威赤彦
出版社   メディアワークス 電撃文庫
版形    B6判
ページ数  202
価格         本体550円
目次    EPISODE06 CHAIN of SADNESS
       EPISODE07 CAUSE and EFFECT
       EPISODE08 PERSONS CONCERNED
       EPISODE09 THE TRUTH
       EPISODE10 THEORIA
       EPISODE11 EACHEND

参照記事 SATOXのシテオク日記

 MURDER PRINCESSの2巻(最終巻)を読んだので感想を。OVA全5巻が出終わってから、2巻とOVAを纏めて見ようと考えていたのですが、我慢できずに読んでしまいました。
 ですがストーリーの方は、黒幕や世界設定等が見えてきた辺りでブツ切りな感じです。後書きを読むと雑誌終了までに終わらせる必要があったからなようですが・・・。他雑誌に拾われなかったのでしょうか?
 衝撃の結末とやらは、このことか!!
 封印の泉は北欧神話が元ネタですかね。北欧神話は大好きなのでそこら辺を生かした話をもっと見たかったです。
 ところでOVAがGyaoで無料放送されているのは、OVA全巻予約した身としては、納得がいかないんですけど・・・・。
 犬威赤彦氏は次回作を書いているらしいですが、ファンとしては今度は長期連載をお願いしたいです。5冊、1冊、2冊と来ていますのでね(一般向け)。

犬威 赤彦 / メディアワークス(2007/02/27)
Amazonランキング:位
Amazonおすすめ度:
尻切れトンボか…?
微妙…
…えっ?

| | トラックバック (1)

公示前に。

 公示後に下手なことを書くとまずいので、公示前に今の政治について感想を書きたいと思います。といってもやはり首相のことが中心になると思いますが・・・。

 今国会では、さまざまな重要法案が通りました。これを首相は実績と挙げていますが、終盤の国会運営の酷さ(強行採決、不利な委員会は開かない)を見ると、民主主義の根幹に触れる部分も多かったと思います。支持率ばかり気になって、こういう対応をしたのでしょうが、政治家として、又、国のトップとしては、視界の狭さが気になります。

 また重要法案を通しましたが、そもそも選挙を経ずに禅譲で首相に選ばれた訳ですから、重要法案を通す権利があるのか?という疑問が自分にはあります。

 後、逆切れも止めて欲しいですね(みっともない)。

 最近のニュースでは、参議院選での責任回避の発言が目立ちますが、一体なにを考えているのかわかりません。そもそも総裁に選ばれたのは、選挙目当て(当時は人気が有った)だったはずですが。
 そういう経緯で択ばれたから、責任を取らず・決断力が欠けている(閣僚の辞任のさせ方など)のも仕方が無いとも言えますが。

 功が有ったのは、就任当初の外交で中国との関係を修復した点でしょうか。最近又、悪化しつつ有りますが。

 今回与党側のみ書きましたが、現状に対し、野党より与党側に多くの責任があると思っているからです。特に今国会では、強行採決を頻発させたのですから。

| | トラックバック (2)

色紙当選。

 ゲームソフトの購入特典で、初めて色紙に当選しました。
 3日ほど前に、物は届いていたのですが当たっているとは考えもしなかったので放置していました。しかし袋の大きさが妙に大きい気がしたので開封したら、なんと色紙が!当たったのは、北都南さんのサイン色紙でした。
 どこに飾ろうかな。

Photo_1
 

| | トラックバック (0)

読後雑感「惑星直列シスターズ/いいなり!あいぶれーしょん」

惑星直列シスターズ 黒瀬浩介TYPE-MOON作品集
 待ちに待った黒瀬浩介先生の初単行本、ここに爆誕! パッと見は美麗な線、格好いい構図で描かれているのに、中身はサービス精神旺盛のバカ漫画。でも時にはホロリとさせる話もあったり、読後はお腹いっぱいになること請け合い!描き下ろし漫画16ページを加え、大満足の内容の仕上がりになっております。

いいなり!あいぶれーしょん1
 
主人公・コウキのもとに落ちてきた女の子・雫石。彼女のおもらしを嘗めたのが原因で、コウキの右手と彼女のアソコが光の糸でつながっちゃった。彼女を自由自在に操れる!?バカエッチコメディの決定版!!

 この2冊は読んだものの、どうにも感想が出て来ない、もしくは書く気にもなれなかった2作品です。ブログを開始して以来読んだ本には、必ず感想を書いてきたのですが・・・。
 只、読んだ証拠という事でここにアップしました。

| | トラックバック (0)

CD購入「恋しよう♪(初回限定盤)(DVD付)/リア・ディゾン」

このCDの仕様
今度はいよいよノリノリ″のミディアムナンバー!!
初回盤DVDには『恋しよう♪』のPV及びメイキング収録予定。
※通常盤とは、ジャケット絵柄が異なります。

 発売日に届いたのに、今日ようやっとリアの2NDシングルを聞きました。
 今回は1STと違い、アップテンポの曲となっています。歌は相変わらず上手いですが、1STの方が自分的には好みでした。
 日本語がまだ上手いとは言えないので、アップテンポの曲だと情感を込めずらいのかも・・・。いっその事、英語ONLYの方が現段階では良いのか?多分、日本語で歌い伝えたかったのでしょうけど。
 それにしても彼女の声には、魅かれるものがありますね。又、特典のPVではCUTEなダンスも見れますので、是非お薦めしたいCDですね。

リア・ディゾン, 新美香, 平田祥一郎, 枝村麻衣子, 江上浩太郎, STY / ビクターエンタテインメント(2007/05/30)
Amazonランキング:212位
Amazonおすすめ度:
J-POPのR&B?
エロ可愛い
健康的セクシーさが○

| | トラックバック (3)

読後雑感「つよきす(2)/皇ハマオ」

出版社/著者からの内容紹介
天上天下ツンデレ独尊!!
体育会系な従姉やお嬢な生徒会長、そして後輩までを相手にしながら、レオは右に左に大忙し! しかも、相性最悪な元クラスメイトまでを巻き込んで学園祭の準備をすることに。待望のツンデレコミック第2巻登場!

参照記事 人生平々凡々
       アーリオオーリオ ドゥーエ
       日常研究所

 皇ハマオさんが描く、つよきすコミックの第二巻です。
 感想ですが、原作ゲーム(PS2を含む)をプレイしていないので、現在どのルートを中心にしてストーリーを構築しているかは解かりません。ですがこの巻では、近衛との回想と椰子の料理挑戦という話を両輪として進めています。
 この巻の見所は日常研究所のyu-ki-ace66さんも述べていますが、中学時代の回想での近衛のツンデレ具合でしょう。萌えますぜ。
 そのほかに自分的に気に入ったのは、よっぴーが水着をアピールする場面と、姫のお嬢様ストリームのコマです。
 毎回、皇ハマオさんのつよきすコミックを読むと、原作をプレイしたくなりますね。先立つものが・・・。

皇 ハマオ, きゃんでぃそふと / 角川書店(2007/04/26)
Amazonランキング:位
Amazonおすすめ度:
ハイレベルなコミカライズ
原作の雰囲気をうまく表現。

| | トラックバック (2)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »