« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月の9件の記事

アニメ「風の聖痕 第24話」

0929000359_4 0929000359_6

 風の聖痕 第24話「風の護りしもの」の感想です。
 OPで回想シーン後、綾乃は和麻に『ラピスと戦えるの?』と、地雷を踏みまくった発言をして和麻に切れられています。

0929000359_19 0929000359_22

 とはいえ、やはりラピスに止めを刺すことが出来ず・・・。
最後の一人(名前なんていったけか?)を生け贄に捧げられ、ヴェリアル召喚の魔方陣が起動します。

0929000359_36 0929000359_39

 生け贄が足りず数秒間だけの顕現だったため、和麻の『契約者』の力、煉・綾乃の『神炎』の全力攻撃によって、退けることに成功する。

0929000359_49 0929000359_56

 体力を使い果たした3人の前に、ヴェルンハルト・ラピスが現れます。
原作どおりに、再戦は無く去っていきました。ラピス自身の願い『私は、あなたを殺したい』という言葉を残して・・・。(翠鈴の最後の想いでは無い)

0929000359_62 0929000359_67
0929000359_77 0929000359_78

 事件が終わって、和麻は綾乃に暗に想いを告げますが、お馬鹿な綾乃には伝わらず、最後はドタバタな終わり方でした。最後のカットがパンチラとは・・・・。

 これで風の聖痕も終わりとなりました。
 原作ファンとしては、ほぼ原作に準じていた作品で見易いかったです。
 ただ綾乃はもっと馬鹿な性格の方が原作に忠実なのですが、これ以上馬鹿に描くのは無理でしたかね。
 後、無意味なパンチラが、多かったのには辟易しました。見えても嬉しいというキャラでもないですし。
 アニメの結末は小説5巻の結末と同様と成りました。
 小説ファンとしては、それで構わないのですが、アニメとしてはこの結末で良いのかと首を傾げたくなります。2期を作るつもりなら別ですが・・・。
 でも著者はまだ療養中だからやはり無理か?

| | トラックバック (4)

アニメ「らき☆すた 第24話」

0918095010_1_3 0918095010_5_2

 らき☆すた 第24話「未定」の感想です。
 「らき☆すた」もついにEDを迎えました。
 「桜藤祭」でのOPにチアリーディングでグループ出場したいと、パティが提案することから始まります。

0918095010_11 0918095010_20

 まずは、パティがクラスメイトを誘います。
 ひよりんみなみちゃんは困惑していましたが、意外にもゆたかちゃんが『やってみたい』との発言に、二人も参加することに。
 人数が足りないので、ゆーちゃんからこなたは誘われるものの、決めかねていましたが・・。パティからチケットで買収?されて、参加することに・・・。
 こなたは、つかさかがみを誘いますが、案の定かがみは『多忙だ」と断ります。そこは、かがみんを知り尽くしているこなたは、泣き落としで仲間に引き入れることに成功。
 やはりかがみんは、可愛いねぇ。

0918095010_27 0918095010_28 0918095010_34 0918095010_58

 メンバーは決まったものの中々進展が無い事のに、苛立ったかがみパティを追求します。
 が、パティ曰く『日本語わかりませ~ん』。旨い返しでしたが、流暢な日本語を喋っていては、逃げられず・・・。これ以後は、かがみんが仕切ることに・・・。なんだかんだいって、かがみんが一番乗り気です。
 
パティが決めてきた振り付けは、OPのダンスでした。パティは色々と仕込みたかったようですが・・・。

0918095010_2_3 0918095010_56 0918095010_63 0918095010_65

 各クラスの催し物ですが。
 こなたのクラスは、占い。
 『桐箪笥の歴史と作り方』を真面目に提案したものの、自分の一票しか入らず、母親のゆかりさんにも笑われてしまう、みゆきさんに萌えますな。
 かがみのクラスは、お化け屋敷。
 ゆたかのクラスは、ひよりんの提案で『ヅカ喫茶 風組』(ひよりんの妄想実現化?)。

0918095010_49 0918095010_68 0918095010_73 0918095010_80 0918095010_81 0918095010_82

 そして最後の通しリハへ。
 なかなか最後のリハで、成功してうまく出来て、みんな感動しています。
 それにしても動きが滑らかだな~。OPの出来を見れば当然といえば当然なのですが。

0918095010_86 0918095010_87 0918095010_88 

 幕が開く前、緊張していた面々でしたが・・・。
 司会の白石の着メロが突然鳴り出したのを聞いて、リラックス出来たメンバー達。
 そして、ついに幕が開きます・・・。
 この後にダンスEDへと続くのかと思いましたが、いつも通りに実写EDでした。リハで動きを見せてますので、あえてしなかったのかな?
 初期には監督交代劇があったりして、どうなるかと思いましたが、無事終了しましたね。
パロディネタが多い作品でしたが、原作の性質上特に気になりませんでした。第二期を期待したい作品ではありますが、原作準拠では難しいでしょうか?

| | トラックバック (6)

近況

 この一週間、体調が悪くてBLOG投稿を休んでいました。
特に、鬱に入ってしまってPCも起動させていませんでした。
まだ、抜けた訳ではありませんが、おいおい復活していきたいな。

| | トラックバック (0)

コミック「ラグナロクオンライン -ミッドガルドで逢いましょう-/オダワラハコネ」

描きおろし50ページ超!! ファン待望のシリーズ最新刊!!

騎士子と悪魔ヘアバンドプリさんの恋愛模様は、ある人との再会をきっかけに意外な方向へ──? 『ラグナロクオンライン -プロンテラで逢いましょう-』に続き、オダワラハコネ氏の「騎士子シリーズ」最新刊が登場!! オダワラハコネ氏が同人誌で描きつづけた原稿に、なんと 50ページ超(!!)の描きおろしを加えてお送りします。(eb!商品紹介より)

書籍データ
書籍名 ラグナロクオンライン -ミッドガルドで逢いましょう-
著者   オダワラハコネ
挿絵
出版社 マジキューコミックス
発売日  2007/5/25
価格     924円
目次   GDで逢いましょうⅢ
            GDで逢いましょうⅣ
      GRADUATION
     久陽宮で逢いましょう
     ふられ同士
     極道の呂悪愚たちⅠ
     極道の呂悪愚たちⅡ
     極道の呂悪愚たちⅢ
     MIGRATION
     レクイエムⅠ
     レクイエムⅡ
     あとがき

 オダワラハコネ氏の2冊目のRO個人集です。積んでいたのですが、先日読み終わりましたので、感想を。とはいってもほとんどが、同人誌既出作品ですので新鮮な感想は出にくいのですが・・・。

 同人誌からの作品の中では、『極道の呂悪愚たち』が特に好きですね。ハコネさんの作品は正直暗い(真面目?)話が多いのですが、その中にあって明るい作風が良いです。

 書き下ろし作『ふられ同士』は、WIZ子が主人公の話です。同人誌を読んでいて、WIZ子はどういうキャラクターなのかな?と感じていたので、読めて嬉しいです。又、ハンタ子WIZ子のプチ抗争シーンは、ハンタ子いい性格が出ていて面白かったです。

オダワラ ハコネ / エンターブレイン(2007/05/25)
Amazonランキング:位
Amazonおすすめ度:

| | トラックバック (0)

アニメ「らき☆すた 第23話」

0914113827_7

らき☆すた 第23話「微妙なライン」の感想です。
今回は前回と違って普段通りな、まったりモードでした。

0914113827_6

 「最近少し婦長だったのですが、マニア移送なので、もっと女装をつけて、かつ勢いだけじゃなく委員会のふいんき(←なぜか変換できない)も大切にしつつ、課題の無いようをkwsk詰めて逝きたいと」
 かがみんが、こなたのPCでテキストを起こすものの、誤変換に「少し、語らないか?」
 確かに、他人のPCは使いにくいですね。会社のPCが共用だった時なんか、特にそう感じていました。辞書登録出来ないしね。
 自分のPCで、変換すると三國志・水滸伝の登場人物が真っ先に出てきますが・・・。


0914113827_10
0914113827_11

 PCネタが続きます。メールの件名が面白いとか。所要時間が当てにならないとか。
 確かにスパムメールは面白い件名多いけれども、件数が日に50件以上も来ると、流石に鬱陶しい。まぁフィルタかけてはありますが。
 所要時間が当てにならないのは分かっていても、ついつい信じちゃうんですよね。


0914113827_28

妹萌え発言で、常識人の白眼視攻撃を受ける3人。

0914113827_48
0914113827_32
0914113827_78

 続いて恒例ネタ。
 みゆきさんの歯医者嫌い。
 「胸は揉むと大きくなる」発言から、ひよりんが妄想(百合)へ。
 ナイ胸ネタ。ついに胸ぺったんガールズと命名された模様。

 こなたは、「貧乳はステータスだ」(by某Navelゲーム)と自慢していた気もしますが・・・。

0914113827_61

 みなみちゃんの友達のイメージと違う、可愛さを知るみゆきさんのママによって、笑われてしまいます。

 チンチンを教えている場面は、バウリンガルの方が可愛さが際立つ気がします(原作)。

0914113827_79

 かがみんは読書中の為、会話の返答がおざなりなですが、それがみさきちを苛立たせるらしい。

 これには、共感出来るものがありますね。かがみん側ですが。読書中に話しかけられると、嫌なんですよね。集中して読んでいることが多いので。

0914113827_81

 ブロガーで経験する人は多いのではないか。送信したのに日記が!自分も多く体験していますので、最近はこまめに下書き保存するように成りました。

 次回はついに最終回です。EDの実写版は、最終回ぐらいやめて欲しいね。最近の声優本人には、興味が無いし。主要メンバーで知っているのは、平野綾さんぐらいだもんな・・・(天使の・・・、キディ・グレイド)。

| | トラックバック (6)

アニメ「風の聖痕 第22話」

0914110321_0

風の聖痕 第22話「決意と逡巡と」の感想です。

0914110321_3

和麻が七瀬を逃がした後(正確には穏伏の結界を解いただけ)も、シードを狩り続けているのを、錬は翻意させようとしますが・・・。復讐モードの和麻は受け付けず、錬よりも真っ当な判断の出来るクラスメイトに助け出されています。

 しかし、この和麻が錬の制止(頼み)を拒絶する場面は、原作を読んだ時は、もっと迫力を感じたのですが・・・。
 その上、花音は可愛くないし、芹沢はデカ過ぎる気が・・・。


0914110321_5

其の頃、由加里は万魔殿をネット検索で見つけるのに成功し、潜入することに。

 情報通の由加里ですが、こんな簡単に見つけられるとは・・・。某検索サイトが優秀ということか・・・。PCもアレだし・・・。

0914110321_19

潜入するものの、あっさり捕まった由加里からメールが届きます。

 メールは、どうせなら原作のままの文面が良かったなぁ。
  「七瀬ちゃんせくしー」とか「我が友ポールに伝えて欲しい」
とか、絵的な面白さはないかも知れませんが・・・。


0914110321_11_2

色々と逡巡した挙句、ようやっとヒーローらしく(誤植では無い)和麻を止めると、吹っ切った模様。

0914110321_15

引きは、内海の反逆で終わりました。

 確か原作だと、内海の魂は随分前に妖魔に喰われていたというオチだったような。
 以前の記事にも書いたような気がしますが、後2回で本当に終わるのだろうか・・・。
(和麻を神炎で倒し、召喚されたべリアルを倒し、ラピス・ヴェサリウスと言葉遊び後・二人は退散、和麻の告白(綾乃は解らず)・爆発オチ、までは描かないといけないはずなのですが・・・。)

| | トラックバック (3)

首相退陣!

辞任で局面打開=「党首会談できず」も理由-安倍首相会見

安倍晋三首相は12日午後、首相官邸で緊急に記者会見し「本日総理の職を辞するべきだと決意した」と述べ、辞任を表明した。首相は、辞任の理由について「国民の支持、信頼の上に、力強く政策を前に進めることが困難になった」と説明。「自らけじめを付けることで局面を打開しないといけないとの判断に至った」と述べた。
 また、首相は、海上自衛隊のインド洋での給油活動継続に職を賭するとした自身の発言に触れ「わたしが総理であることにより、野党党首との話し合いが難しい状況が生まれている」と述べ、小沢一郎民主党代表との会談を拒否されたことも辞める理由に挙げた。
 後継の自民党総裁の選出については「(25日から演説が始まる予定の)国連総会に新しい総理が行くことがいい」と述べ、可能な限り急ぐ必要があるとの考えを示した。後継者の条件では「とやかく言うのは適切でない」と語った。

 最近、手を怪我している事もあって、アニメの感想記事しか投稿していませんでした。
ですが今日は流石に、このニュースに触れずにいられません。とはいっても、テレビ各局で色々と解説しているので、感想だけを。

 これだけ無責任・無能力・責任転嫁した首相は、あの平沼騏一郎以来ではないでしょうか?会見(LIVE)で色々と辞任理由を述べていましたが、要は宰相の器では無かったと云う事かも知れません

| | トラックバック (3)

アニメ「らき☆すた 第22話」

0909063900_0

らき☆すた・第22話「ここにある彼方」の感想です。
今回は、Bパートの彼岸話中心の感想です。

0909063900_2_2

彼岸花?に喚ばれて、こなたの母親(故人)であるかなたが帰ってきます。

0909063900_5

こなたの「お母さんは、このオジさんのどこに惚れたんだろ?」という発言から、回想シーンへ移っていきます。

0909063900_7
0909063900_8 0909063900_10 0909063900_11

「オレが世界中で一番かなたを、愛しているってコトだよ」と言うそうじろうの発言に、
自分が何故そうじろうと結婚したのかを思い出すかなた

0909063900_14 0909063900_22 0909063900_29

「私が一番安心できる場所・・・」
「私を一番安心させてくれる場所・・・」

「らき☆すたおきらくカーニバル」に掲載された8Pの漫画が元となっていますが、さすが京アニと言える様な感動話でした。
かなたの声を当てた島本須美さんのヴォイスにもやられました。

0909063900_31

ですが感動話の後に、ひよりんの妄想というオチはどうだろう?

| | トラックバック (6)

アニメ「風の聖痕 第21話」

0903101411_0

風の聖痕 第21話「狂乱の風術師」の感想です。
題名通りに、前回から引き続き暴走中です。

0903101411_2

万魔殿への行き方を探るために、『資格者(シード)』を狩る和麻
狩るだけでなく、脳からも強制的に情報を得ようとします。
その結果、相手は発狂しますが・・・。

0903101411_7

霧香の後輩で、和泉初登場?
和泉が張った結界を壊したのは、和麻でした。
和泉の相棒は、何故か原作の和泉のSEX相手じゃなくて、キャサリンでした。

0903101411_4_2

車の中では、長々と霧香の説明台詞が続きます。
そこで和麻は、七瀬を利用して万魔殿を探り出そうとしていることを、聞かされます。

0903101411_6 

降車間際に霧香から、綾乃に期待していると和麻を一任されますが・・・。
どう考えても、女の魅力で翠鈴に勝てるとは思えませんな!

| | トラックバック (2)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »