« 薬害肝炎問題について | トップページ | アニメ「CLANNAD 第12回」 »

コミック「海の御崎/文月晃」

海の御先 1 (1) (ジェッツコミックス)
海の御先 1 (1) (ジェッツコミックス)
著者:文月 晃
出版社:白泉社
出版日:2007-09-28
価格:¥ 530
おすすめ度:
在庫状況:通常24時間以内に発送
Amazon.co.jp で詳細を見る
a4t.jpで見る

 海の御先の感想です。
 「藍より青し」で有名な文月晃氏の新連載作品です。

 前作が純愛路線でしたので、次回作は路線変更するかと思っていました。

 内容は、東京から遠く離れた「奥津島」で展開される恋愛物語です。
 前作よりメインキャラクターの年代を下げています。
 沖縄・台湾でのシャーマンを連想させる、島での巫女にヒロインを就けることによって境遇の縛りが厳しくなっています。
 主人公を龍神の生まれ変わりとすることによって、話が展開して行きますが、少々安易な感じがします。
 尤も、そうしなければ展開は難しい気もしますが。
 ただし、ハーレム漫画路線に移行することも可能にはなりましたね。

 1巻は、正直あまり引き込まれる作品ではありませんでした。
 2巻の行方次第ですかね。

|

« 薬害肝炎問題について | トップページ | アニメ「CLANNAD 第12回」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136150/17427995

この記事へのトラックバック一覧です: コミック「海の御崎/文月晃」:

« 薬害肝炎問題について | トップページ | アニメ「CLANNAD 第12回」 »