« アニメ「バンブーブレイド 第18話」 | トップページ | 境川流域散策「淡嶋神社」 »

ライトノベル「狼と香辛料」

狼と香辛料 (電撃文庫)
狼と香辛料 (電撃文庫)
著者:支倉 凍砂
出版社:メディアワークス
出版日:2006-02
価格:¥ 620
ランキング:34位
おすすめ度:
在庫状況:通常5~6日以内に発送
Amazon.co.jp で詳細を見る
a4t.jpで見る

行商人ロレンスは、麦の束に埋もれ馬車の荷台で眠る少女を見つける。
少女は狼の耳と尻尾を有した美しい娘で、自らを豊作を司る神ホロと名乗った。
「わっちは神と呼ばれていたがよ。わっちゃあホロ以外の何者でもない」
老獪な話術を巧みに操るホロに翻弄されるロレンス。
しかし彼女が本当に豊穣の狼神なのか半信半疑ながらも、
ホロと共に旅をすることをロレンスは了承した。
そんな二人旅に思いがけない儲け話が舞い込んでくる。
近い将来、ある銀貨が値上がりするという噂。
疑いながらもロレンスはその儲け話に乗るのだが──。
第12回電撃小説大賞<銀賞>受賞作!

 現在、実家に帰省中の為、アニメレビューをお休みし、代わりに読破したライトノベルの感想を。

 この本を読み出した切っ掛けは、無論?アニメからです。
 この小説の特徴は、やはり「花魁喋り」・「獣耳萌え」であろうかと思います。
 ですがライトノベルには珍しいとされる「商売シーン」と、それだけでなく「会話シーン」も魅力的な作品だと感じました。
 特にロレンスがどんなに頑張っても、ホロに思考の一歩先を往かれてしまう会話シーンは良い感じcatface
 1巻を楽しく読めたので、続刊は既に注文を済ませました(月末到着予定)。
 早く届かないかな。

追伸
 ところでホロは何故に、狼の姿を見せるのを嫌がるのだろうか?
 原作と関係ありませんが、クロエは単なるヤレイの性別を変えただけなのか?
 続刊で分かるかな?

|

« アニメ「バンブーブレイド 第18話」 | トップページ | 境川流域散策「淡嶋神社」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136150/40084326

この記事へのトラックバック一覧です: ライトノベル「狼と香辛料」:

» 狼と香辛料 Ⅰ巻 [独断と偏見の何でもレビュー]
狼と香辛料 (1) 著者:支倉 凍砂 イラスト:文倉 十 電撃文庫/メディアワークス 買いました~。 ぬしがその麦を持っとる限り わっちは死にはせんがな。 獣耳萌え~とまあ、そんな印象... [続きを読む]

受信: 2008年2月14日 (木) 22時22分

« アニメ「バンブーブレイド 第18話」 | トップページ | 境川流域散策「淡嶋神社」 »