« トラチョコチャット2 | トップページ | 4月からのアニメ視聴予定・最終版 »

アニメ「我が家のお稲荷様。第二話」

080415011508 

我が家のお稲荷様。第二話「お稲荷さま。我が家に住みつく」の感想です。

高上家にやってきたクーと護り女コウ。
幸か不幸か、昇たちの父親、春樹も意外とすんなりそんな非現実的な状況を受け入れ、高上家の新しい生活が始まるのだった。
そんな中、鈴ノ瀬町を治める土地神を訪ねたいと言い出したクーに同行することになった昇と透は、市内で一番大きな神社、羽柴神社に向かう。
その道中に会った若きコンビニオーナー恵比寿こそが、鈴ノ瀬の土地神で…。

我が家のお稲荷さま。 1 (1) (電撃コミックス)
我が家のお稲荷さま。 1 (1) (電撃コミックス)
著者:松風 水蓮 柴村 仁
出版社:メディアワークス
出版日:2007-11-27
価格:¥ 599
おすすめ度:
在庫状況:通常24時間以内に発送
Amazon.co.jp で詳細を見る
a4t.jpで見る

08041501150 080415011501 080415011502 080415011503_2 080415011504 080415011505

 今回からOPが付きましたね。
 曲はいい感じですが、作品にあっているのかなぁ?
 原作を知っている人は、どう感じたのだろうか?

08041501150 080415011502 080415011505

 家に帰った昇は、父親に『妖怪(天狐)を飼っていい』と許しを求めますが・・・。
 返答は『まぁ、いいけど』と聞いた昇が、聞き返すほどあっさりと認められました。

 父親は恬淡としているなぁ~。
 妻(美夜子)絡みで、怪異に慣れているのかな。

08041501150_2 080415011504 080415011502_2

 護り女であるコウは、父親との頓珍漢な会話の末に、高上家に同居することに。
 天狐は解り易い、タイムスリップキャラを演じていましたね。
 怪奇映画を見たことが、Cパートに繋がるとは・・・。

 妖怪だとばらしたのに、クーちゃんは狐の姿で食事していたけど、まだ人の姿に慣れていないのか?

080415011501_2 08041501150_4 080415011503

 友達と近くのコンビニへ行った透。
 そこで若い店長(オーナー)に、出掛ける前に空に貰った組紐を褒められる。

 コンビニでゲームソフトを購入する人間なんているのか?
 しかも予約を・・・バイト先では一度も受け付けたことないけどなぁ~。

080415011506_2 080415011507 080415011509

 昼食を取った4人は、空幻が鎮守神に挨拶したいと話したので、近くの羽柴神社に行くことに。
 コウは、洗濯物が干し終わってないからと、残ることに。

 『この命に代えても』というのは、コウの枕詞なのかな。

08041501150_5 080415011501_3 080415011502_3

 羽柴神社の手前で、店前で掃除をするコンビニのオーナーに出会う。
 オーナーは人間の姿をとる、空幻の正体をあっさり見破ったのだった。

08041501150_6 080415011501_4

 アイキャッチ。

08041501150_7 080415011501_5 080415011502_4

 空幻は正体を見破られたことに警戒を見せるが、オーナーが土地神と仄めかしたので、自ら名乗る。
 天狐空幻は有名らしく封印されたことを知っており、オーナーは恵比寿神と名乗った。

080415011504_3 080415011506_3 080415011508_2

 恵比寿の案内で羽柴神社に行き、狛犬である光牙と影牙を紹介する。
 二匹に驚く兄弟に空幻は、『恵比寿が命令しない限り、危害を加えない』と安心させる。
 しかし恵比寿は、
 『彼らはこの地を滅ぼさんとする不届き者だ。即刻排除せよ!』
 と、光牙と影牙に命令を下したのだった。

08041501150_8 080415011501_6 080415011502_5

 戦闘に入る前に空幻は、女(CV:ゆかな)に変貌し、色香で惑わそうとしますが、石にそんなものが利く筈が無く、肉弾戦へ。

 ゆかなさんと言えば、C.Cとかテスタとかが最近は代表作でしょうけど・・・。
 自分的には”モルダイバー”とか”楽勝!ハイパードール”とかの初期作品が印象的。
 尤もそのころは、野上ゆかなでしたけど・・・。
 ハイパードールでは、確か飯塚雅弓と二人で、実写版も出てたよな~。

08041501150_9 080415011502_6 080415011503_2 080415011505_3 080415011507_2 080415011508_3

 空幻は光牙・影牙の正体を見誤り、苦戦をしていましたが、丁度境内に現れたコウの助言を受け、申(しん・稲光のこと)を召喚して、弐者を倒すことに成功。

 それにしてもコウは戦いよりも、洗濯物を干し終わったことが(当主の命)重要だとは・・・。

08041501150_10 080415011501_7 080415011502_7

 戦いが終了すると恵比寿は、コンビニの売り上げ向上の為に、この騒動を企んだと答えるのだった(自らは壊せない為)。

080415011503_3 080415011501_8 080415011502_9

 詞を授けられに一人境内に戻った天狐は、”美夜子が死してもこの地に留まっている”と恵比寿から教えられるのだった。

080415011503_4 080415011504_4

 ED。
 EDはコウが主役ですね。
 本編でも重要な役割があるのかな?
 それにしてもED曲の歌声を聴いたとき、一瞬・ほんの一瞬ですが、谷村有美かと思いましたね(声質)。

080415011505_4 080415011506_4 080415011507_3

 Aパートからの続き。

08041501150_12 080415011501_9 080415011502_10

 次回予告「お稲荷さま。登校する」。

|

« トラチョコチャット2 | トップページ | 4月からのアニメ視聴予定・最終版 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136150/40886666

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ「我が家のお稲荷様。第二話」:

» 我が家のお稲荷さま。第2話「お稲荷さま。我が家に住みつく」 [パプリカさん家のアニメ亭]
我が家のお稲荷さま。公式サイト 前回、電車の網棚にきれいにおさまっていたコウ。 母親のいない高上家では、昇が家事の一切をしている様子。 同じ年頃のコウは頼りになりそうだったのですが、突っ込めるのは、空幻の戦闘中のみ。 やはり、一般の日常生活では役には立た....... [続きを読む]

受信: 2008年4月16日 (水) 08時03分

» 我が家のお稲荷さま。 第2話「お稲荷さま。我が家に住みつく」 [MAGI☆の日記]
我が家のお稲荷さま。の第2話を見ました。第2話 お稲荷さま。我が家に住みつく高上家にやってきた空幻と護り女コウ。幸か不幸か、昇と透の父親、春樹も意外とすんなりそんな非現実的な状況を受け入れ、高上家の新しい生活が始まるのだった。「冷たいぞ。夏はここで寝ると...... [続きを読む]

受信: 2008年4月16日 (水) 19時35分

» 我が家のお稲荷さま。 第02話 感想 [荒野の出来事]
 我が家のお稲荷さま。  第02話 『お稲荷さま。我が家に住みつく』  −キャスト−  天狐空幻:女役ゆかな 男役中村悠一  高上透... [続きを読む]

受信: 2008年4月16日 (水) 20時47分

» 我が家のお稲荷さま。 第2話 「お稲荷さま。我が家に住みつく」 [自由気侭に。]
うーん、切るか切らないか本当に微妙なところだな。 とりあえず二話行きますw [続きを読む]

受信: 2008年4月17日 (木) 16時34分

» 我が家のお稲荷様 第2話 「お稲荷様。我が家に住みつく」 [独り言の日記]
JUGEMテーマ:漫画/アニメ  高上兄弟の守り神となったクーは、昇達が住む町に一緒にやってくるのだが・・・・・それには父親の了承を得なければいけない。  “父さん、妖怪飼っていい?”  って・・・恐ろしくストレートに頼む、昇だが、それを事情を知っているのか知らないのか疑問だが、あっさり了承してしまう父もまた摩訶不思議。元三槌家の守り神に祀り上げられた大狐様はペット扱いかよ(笑)。  まあ、単純な父親のお陰で、クーの同居もあっさりOK。さらにコウも同じく同居OKでにぎやか... [続きを読む]

受信: 2008年4月17日 (木) 18時37分

» (アニメ感想) 我が家のお稲荷さま。 第2話 「お稲荷さま。我が家に住みつく」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
我が家のお稲荷さま。 (電撃文庫) 父親の承諾もとりつけ、高上家で暮らすことになった天狐とコウ。人間の暮らしに興味津々の天狐は、ある日この地の土地神に会いたいと話すのだった・・・。... [続きを読む]

受信: 2008年4月17日 (木) 22時08分

» 我が家のお稲荷さま。 第2話『お稲荷さま。我が家に住みつく』 [風庫~カゼクラ~]
楽しいなぁ~、いやはや、実に楽しい。 恵比寿の商魂逞しさも、コウのズレ具合も、クーの千変万化っぷりも そして最後に極めつけだった父親の天然っぷりも! [続きを読む]

受信: 2008年4月18日 (金) 04時25分

» 我が家のお稲荷さま。 第2話「お稲荷さま、我が家に住みつく」 [明善的な見方]
我が家のお稲荷さま。 (電撃文庫)(2004/02)柴村 仁商品詳細を見るコメディ系と思ってましたが、実はバトルがメインなのか? [続きを読む]

受信: 2008年4月18日 (金) 07時39分

» 我が家のお稲荷さま。第3話「お稲荷さま。登校する」 [べっ子さんの日頃]
昇と透も新学期が始まり、学校に登校するが、昇は家で留守番している クーとコーの事が気がかり。 そんな第3話の感想です。 [続きを読む]

受信: 2008年4月22日 (火) 21時35分

« トラチョコチャット2 | トップページ | 4月からのアニメ視聴予定・最終版 »