« コミック「となグラ(7)/筧 秀隆」 | トップページ | アニメ「図書館戦争」 »

アニメ「我が家のお稲荷様。第一話」

08041001300 080410013001

 我が家のお稲荷様。第一話「お稲荷さま。封印解かれる」の感想です。
 原作未読。

今は亡き母、美夜子の生家である三槌家に呼び出された高上昇と透の兄弟。
二人が呼ばれたのは、透が見た夢が原因だった。大ばば様から透が妖怪に狙われていると聞かされる二人。
その妖怪から身を守るためには、裏山の祠に封印されている天狐の力を借りなければならないというのだが…。

我が家のお稲荷さま。 7 (7) (電撃文庫 し 9-8)
我が家のお稲荷さま。 7 (7) (電撃文庫 し 9-8)
著者:柴村 仁
出版社:メディアワークス
出版日:2007-10
価格:¥ 515
ランキング:1090位
おすすめ度:
在庫状況:通常4~5日以内に発送
Amazon.co.jp で詳細を見る
a4t.jpで見る

080410013003 080410013004

 高上昇・透兄弟は、三槌家(会話からすると母の実家らしい)に呼び出される。
 妖怪が透の命を狙っているという話で、2人を護る為に呼び寄せたらしい。
 そして護り女のコウを紹介される。

 コウは無口キャラか?

080410013006 080410013007 080410013008

 透が夢であった女が、狙われている妖怪らしい。
 名を問われた透が、真命を教えた為に対峙したときに不利となる。
 コウの霊力では不利が予想される(五行相克)為、封印されている狐の妖怪を起しに行く事に。

080410013009 0804100130010 0804100130011

 裏山の天辺には、天狐空幻を祀った(封じた)祠があった。
 昇が三槌家当主となっているらしく(母親(三槌家長女?)の長男だからか?)、当主にのみ伝えられる祝詞(?)を読み上げると、入り口が開き一行は中へ。

0804100130012 0804100130013

 そこに居たのは、一匹の狐(天狐)でした。

0804100130014 0804100130015

 アイキャッチ。

0804100130018 0804100130020 0804100130022

 天狐は大ばば様の願いを聞いても、過去の遺恨(無理やり祀り上げられた上、封印された事)から聞き流していた。
 ですが美夜子の息子と聞き、透を護ることに。
 『俺は三槌の為でなく、美夜子の息子の為に動くのだ』

0804100130023 08041001300_2 080410013001_2 080410013002 080410013003_2 080410013004_2

 コウは透に対し、『名を呼ばれても、決して返事をしてはいけません』と注意を与える。
 そしてコウは、結界で部屋を護るが・・・。
 結界を張っていることに気付いた妖怪が透の名を呼ぶと、つい応えてしまう。
 そして結界を破った妖怪が、姿を現した。

080410013005 080410013006_2 080410013007_2

 妖怪に名を再び呼ばれた透は、妖怪の下に自ら(言霊に縛られて)歩を進める。
 ですが天狐が「透、行くな」と呼ばわると、透は縛から逃れることに。
 地縁と霊力から言霊で縛らなくても、天狐の言を優先させたらしい。

080410013008_2 0804100130010_2 0804100130011_2

 妖怪に封印された者の手先となることを、揶揄された天狐は怒りを見せる。

 天狐はやはり恨みを忘れた訳ではないらしいですね。

0804100130012_2 0804100130013_2 0804100130014_2 0804100130015_2 0804100130016 0804100130017_2

 妖怪は雷を以って、攻撃を仕掛けてきます。
 天狐は護り女と打ち合わせると、戦闘開始。
 コウが合図に合わせて水を出すと、天狐は雷に水を流し、妖怪を感電させて撃退する。

0804100130019_2 0804100130020_2 0804100130021_2

 倒した妖怪の始末をどうするか聞かれた、透は『許すよ』と返答する。
 蛇の真名(コトジノヌシ)を聞きだした天狐は、脅しを掛けた上で解き放つことに。

0804100130022_2 0804100130023_2 0804100130024 0804100130026 08041001300_3 080410013001_3

 退治が終了したことで、大ばば様は天狐を再び祠に戻そうとする。
 反対する兄弟に対し、龍彦叔父さんが助け舟(というより、そそのかし)を出す。
 当主である昇は、封印をしないことを決める。
 しかし封印しないことで、天狐は三槌家の守り神を解かれてしまう。
 2人は天狐の発案で、天狐を2人の守り神にする事に。
 そしてコウは、天狐の監視役として兄弟と一緒に行動することになる。

080410013004_3 080410013005_2

 高上家に戻る一行。
 天狐は随分早く現世に慣れたようで。
 コウの方がよっぽど、世間ずれしているようですね。

080410013006_3

 次回予告、『お稲荷さま。我が家に住みつく』。

 我が家のお稲荷様。第一話の感想は、某・賢狼と違い天狐自体に魅力が少ないなぁということです。
 あと話の導入としては王道でしたね。
 とりあえず今後も、レビューを続けたいと思います。

|

« コミック「となグラ(7)/筧 秀隆」 | トップページ | アニメ「図書館戦争」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136150/40836982

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ「我が家のお稲荷様。第一話」:

» 我が家のお稲荷さま。 第1話「お稲荷さま。封印解かれる」 [MAGI☆の日記]
我が家のお稲荷さま。の第1話を見ました。第1話 お稲荷さま。封印解かれる今は亡き母、美夜子の生家である三槌家に呼び出された高上昇と透の兄弟。二人が呼ばれたのは、透が見た夢が原因だった。大ばば様から透が妖怪に狙われていると聞かされる二人はその妖怪から身を守...... [続きを読む]

受信: 2008年4月10日 (木) 20時29分

» 我が家のお稲荷さま。 第01話 感想 [荒野の出来事]
 我が家のお稲荷さま。  第01話 『お稲荷さま。封印解かれる』  −キャスト−  天狐空幻:女役ゆかな 男役中村悠一  高上透:嶋... [続きを読む]

受信: 2008年4月10日 (木) 22時06分

» 我が家のお稲荷さま。  第01話  「お稲荷さま。封印解かれる」 [KTN:神奈川辺境交通]
稲荷は最も普及している身近な現世利益神のひとつであります。 その信仰の源流は京都の伏見稲荷大社の御祭神の倉稲魂神。 そして密教の荼枳尼天です。 [続きを読む]

受信: 2008年4月10日 (木) 22時20分

» 我が家のお稲荷さま。 第1話「お稲荷さま。封印解かれる」 [明善的な見方]
我が家のお稲荷さま。 (電撃文庫)(2004/02)柴村 仁商品詳細を見る新番組第6弾は、 電撃文庫原作の狐っ娘! [続きを読む]

受信: 2008年4月10日 (木) 23時53分

» 我が家のお稲荷さま。 第1話 「お稲荷さま。封印解かれる」 [ムメイサの隠れ家]
三槌家の子孫である透は妖怪に命を狙われて兄とともに本家に呼び出され・・・ 無難な感じの一話でした [続きを読む]

受信: 2008年4月11日 (金) 00時49分

» 我が家のお稲荷さま。 第1話『お稲荷さま。封印解かれる』 [風庫~カゼクラ~]
これまた放送地域でない為遅れてのレビューですが。 が。 面白かった!!!と第一声。 [続きを読む]

受信: 2008年4月11日 (金) 02時48分

« コミック「となグラ(7)/筧 秀隆」 | トップページ | アニメ「図書館戦争」 »